アッシュグレイのブログ

アッシュグレイのブログ

Archive for the ‘オランダ・ベルギー旅日記’ Category

中国上海紀行

Posted by admin On 12月 - 9 - 2017



中国の地方都市に行くのに、関空から上海へ。
上海でのトランジット。
まずは「上海浦東(プードン)国際空港」へ。…
上海には空港が二つ有り、国際空港の浦東(プードン)空港と、中国国内線専用の、「虹橋(ホンチャオ)空港」。

浦東空港から国内線に乗り継ぎの為、上海地下鉄2号線で、虹橋空港に向かう。約1時間半程か。
浦東空港からは、地下鉄以外にも、世界で唯一商業営業している、リニアモーターカーがあるが、
浦東空港から、龍陽路駅までの30kmのみ。
最高時速431km/h で8分ほど。
日本のリニアは超電導だが、上海リニアは常電導。日本政府が「おもちゃ」と言っている所以だ。

初めて上海に来た時に、乗ってみたが、
夜だったので、速かった実感は無い。乗車賃が高いだけだ、、、。

今回上海でのトランジットタイムが6時間もあるので、地下鉄を途中下車して、ハンシャンルーエリアへ。
このエリアは、旧フランス租界で、お洒落でレトロなカフェや雑貨屋、ワインバーやレストランが多く建ち並ぶ地域。1枚目の写真はお花屋さん。
ドライがメインでディスプレイされていた。…
ここでもドライブームか?

上海の地下鉄2号線から、7号線に乗り換え、常熱路駅で降車。旧フランス租界の衡山路エリアを、
足を引きずりながら歩くこと約20分、
丁香花園内の人気レストラン、申粤軒で飲茶ランチ。…
この申粤軒、清時代の大物政治家、「李鴻章」が愛人の「丁香」の為に作った庭園付きの邸宅「丁香花園」の洋館の一部を使用した広東料理レストラン。
予約無しで行き、一旦断わられるも、何とか交渉して入れる事に。広い花園内、厳重な警備の警備員に場所を聞きながらレストランへ。

ぷりっぷりっの海老の小籠包が絶品!
が、簡単な飲茶ランチだったが、めちゃくちゃ高かった。

上海の街中で見かけた自転車。
驚異の3人乗り自転車だった。

上海の地下鉄の途中下車でのランチを終え、
再び地下鉄に乗り、地方都市に行くために虹橋空港へ。
トランジットタイムが6時間なので、余裕だろうと高を括っていたが、フライト時間を1時間を既に切って虹橋空港へ到着。やばいんじゃないの?

びっこを引いて歩くのが、こんなに時間がかかるとは、、、。計算外でした。大阪人なので、普段の歩くスピードはとても早いので、、、。

毎年、年間20回前後、海外出張に出ていると、
何かしら、トラブルやハプニングがある。
まあ今回、トラブルという程では無いが、
ちょっとその話を。

何とか虹橋空港に到着。バッケージを預けチェックインする。すると、チェックインカウンターの女の子が、バウチャーをくれずに、18番カウンターへ行けと言う。???
理由は言ってくれない。
ここは10番カウンターなので、並びの18番カウンターに行ってみるが、そこは無人で誰もいない。
しばらく待つも誰もこない。????
時は刻々と過ぎて行く。

只でさえ、時間が無く焦っているのに、
意味が分からない。仕方なく近くにあったインフォメーションで、事情を説明したら、あー、それだったら、18番カウンターの横にある通路に入って!と言われる。

確かに18時カウンターの横に細い通路がある。
急いでいるので、理由は分からないが、取り敢えず入ってみる。
するとそこは、バッケージレーンの裏側。
私のバッケージが、避けてあり、警備員が「オープン、オープン、ラップトップ」と言う。
ノートパソコンを見せろという事か。

バッケージを開け、ノートパソコンを取り出し
渡すと、今度は片言の日本語で、「電源、電源、付いてない?」と。電源が入っていないのを確認すると、「OK」。???

要は預けた私のバッケージの中に、ノートパソコンが入っており、そのパソコンの電源が入っていないかの確認だった。
こんな事は初めての経験だ。
過去1度、中国の別の空港で、チェックイン後に呼び出され、バッケージを開けさせられ、パソコンの中のバッテリーを外して手荷物で持っていけと言われた事はあるのだが。

警備員がバッケージ預け票の控えにスタンプを押し、チェックインカウンターに行けと言う。
再び、チェックインカウンターに戻ると、ようやくバウチャーをくれた。

これを18番カウンターに行けの一言では、
到底分からない。まあ、相変わらず中国の空港は不親切だ。

時間がない所に、更に時間を取ってしまい、
必死で、早足のびっこ引きで搭乗口へ。
はい、もちろん私が最後の搭乗者でした。
ホントギリギリで、フライトに間に合いました。

前日の夜に上海からのフライトで中国の地方都市へ到着。
翌朝から陶器の取引工場を回ります。
この地方都市の取り引きをしている陶器工場は十数社あるが、…
今回まわるのは、この日1日だけなので、今回は4社を回ります。

まずは、1社目の工場へ。
ASHGREY が依頼しているアイテムの製造工程の確認へ。
ここの工場は、かなりリアルなサーフェイスを表現させているので、型に高級なシリコンを使わせている。
シリコンを使う事によって細密なサーフェイスを作る事が出来るのだ。通常の陶器工場は、シリコンは使っていない。

事細かに製造過程の説明を受け工場内を見学。
今回この工場では、新素材での新しいアイテムを製作。
陶器でもセメントでもない素材の面白いアイテムが出来ました。
しかも完全防水で。来年の母の日用ですね。

この工場での商談を終え、この後3社を回り、計4社全ての商談を終える。昼食をとる時間は無かった。

セメント素材で、新アイデアでの表面加工など、まだ日本のどこの会社も販売していない、新アイテムを作る事が出来ました。

しかし、これらの取引工場の迎えの車が、
ランドローバー、BMW、ポルシェなどの高級車ばかりなのは、
儲かっている証拠なんだろうなぁ。

4社の商談の後、ホテルに戻ったその後や、
翌朝の事など、中国らしい、呆れるエピソードがいくつかあったが、書くのが面倒くさくなったので割愛します(笑)。

商談を終えた、翌早朝に地方空港から、上海浦東空港へ。そう、行きと違い、帰りは直接浦東空港だけのトランジット。
トランジットタイムは、8時間(笑)。

実はこのトランジットが難しい。
行きは国際空港へ到着、入国、荷物を持ち移動して、国内空港から地方空港への手順だが、
この帰りは、地方空港から国際空港へ到着、
国際線の専用カウンターでチェックイン。
一旦、国際空港の国内エリアを出て、再度国際空港の国際線エリアに入り、チェックインせずにイミグレーションを通過すると言う手順。

私は何度も来ているので、全て分かっているが、初めての人は、絶対迷うだろうなぁ。
実際、初めて来た時は、全然分からず、係の人に聞きまくって通過出来た。

トランジットタイムが8時間なので、
また、地下鉄に乗り、上海の中心街へ。
地下鉄2号線から、10号線に乗り換え南京東路駅へ。浦東空港から、約1時間。
上海のメインストリートだ。

南京東路を歩く事約10分、
上海蟹の名店、「成隆行蟹王府」へ。
香港の老舗蟹専売店が経営する店だ。
前回来た時は、閉店30分前の入店で、
コース料理がいっぺんに出てきて、食べてる最中に、店の片付けと掃除が始まる中での、慌ただしい食事だったが、今日は時間があるのでゆっくり食べよう。
ランチの一番安い上海蟹のコースを注文。
全10品ほどで、約7000円。

濃厚な上海蟹のたまごとフカヒレのスープが濃厚で絶品
❗️フカヒレが筋ではなく塊で入っている。

上海蟹は分解をしてから食べるのが、正しい食べ方だ。手順通りに食べる。
周りの中国人は、かぶりついて食べているが、
店員が我々だけに、ハサミと蟹ほじりスプーンを持って来てくれた。日本人だからなのだろう。
日本人客が多いんだろうな。
ハサミでチョキチョキ、スプーンでホジホジと上品に食べる(笑)。

最後のデザートまで食べ尽くし、お腹いっぱいだ。
実は上海は、広州と違い、食事はあまり美味しくない。

しかし、いくつか美味しい料理があり、
有名なヘビ料理店、鄧小平が通っていた北京ダック店、青蟹の火鍋店、どの店も過去食べに行った店だが、ホント美味しかった。
この上海蟹のお店もホント美味いですよ。
機会があれば是非行ってみてください。

大満足の上海蟹で腹一杯になり、空港へ戻ることに。
上海蟹のお店から、南京東路駅までの途中に、
焼栗を売っていたので、即購入(笑)。…
焼栗は大好きなので、パリでも、スペインでも、このまえ行ったイタリアでも、路上販売で即購入し食べた。中国の栗は、ヨーロッパと違い小粒だが、甘くて美味い。
しかし、入れてくれたビニール袋が、コーナン(大阪のホームセンター)の袋なのは何ゆえ?

目の前のアップルストアがえらい人だかりだった。iPhone8が発売されたらしい。

という事で、2泊3日の中国出張を終えました。
夜遅く、イルミネーション輝く、関空に到着です。

IWAMURA

オランダ・ベルギー仕入れツアー⑥

Posted by admin On 7月 - 21 - 2014

オランダ・ベルギー仕入れツアー6日目です。仕入れ最終日です。
本来の予定では、ベルギーの「SRAX」社のみの予定でしたが、
時間切れで、昨日行けなかった「HAKBIJL」社へ先に行くことに。
デンハーグからは、ベルギーと正反対のドイツ国境近くのHAKBIJL社へ。
今日もかなりの長距離運転です。


まずは1社目。「HAKBIJL」社。


不在が多く、久し振りに担当者の「クラウス」と。
彼とは20年くらいのお付き合い。彼が日本に来た時は、一緒に京都観光したときも。





はい。もちろん、新アイテムを大量購入です。

HAKBIJL社の仕入れを終え、ほぼドイツから正反対のベールギーに走ります。



途中の高速のサービスエリアのトイレ。
オランダでは、公共のトイレはだいたい有料です。ここでは50セントでした。
たまに街中のマクドナルドでもトイレが有料のところがあります。

オランダのユニークなところ。
男性用小便器ですが、女性の谷間の形をしています。
その谷間にハエが止まっている絵が書いてあるバージョンもあったりします。
そいいえば、オランダでは、女性の立ちション用のトイレが売られていたなぁ。





そうこうしている内に、ベルギーのアントワープに到着。







SERAX社へ。


担当者の「アレキサンダー」
ちょっと腹が出てきたんじゃない?




もちろん、SERAX社でも、新アイテムを大量購入。
お客さまも、満足な仕入れが出来たことと思います。
(予算をオーバーされたらしいですが。だいたい皆さんそうなりますね。)

ベルギーのSRAX社での仕入れを終え、オランダのデンハーグに戻ります。


SERAX社の近くでお花屋さんを発見!
ちょっと見学。店内は見せてくれたものの、撮影は禁止。
やっぱり、ベルギーの花屋さんは写真を撮らせてくれない。
オランダやドイツの花屋さんは気さくに撮らせてくれるんですが。


高速道路で、ベルギーからオランダに入る国境。
「ここからオランダ」の標識が1本たっているだけです。


今夜は港のシーフードレストランへ。明るいですが、夜9時頃ですよ。


オランダ名物、うなぎの燻製。
個人的にうなぎは嫌いなので、食べないのですが、これは美味かったなぁ!


カレイとヒラメの間の様な魚をいただきます。日本にはいない種類です。美味いです!


深夜の住宅街。ワールドカップ期間中はこんな感じです。

翌日帰国の日。
お客様は、2泊延泊をされ、蚤の市めぐりと、ベルギー観光に行かれるそうです。
私はこの日の午後の便で帰国。


午前中、お客さまと二人でデンハーグのアンティーク通りを散策&お茶休憩。



アンティーク通りは、美術館もあり、芸術作品が路上に置かれたりしています。







アンティーク通りのすぐそばに、オランダの国会議事堂があります。
翌日は、ワールドカップのオランダ戦。国会議事堂前に、大規模なパブリックビューイングが設置され、
人々が集まり、お祭り騒ぎ。

私はこのあと空港へ向かい、帰国の途につきました。
お客様は、2泊延泊をされ、蚤の市でアンティークを買ったりと楽しまれたようです。
お疲れさまでした。

以上で今回のオランダ・ベルギー仕入れツアーは終了です。
終わってみれば、40Fコンテナ5本くらいの大量購入。8月下旬頃にまとめての入荷です。
新アイテムはもちろん、欠品をしていた定番アイテムも大量に入荷をいたします。

新カタログには今回購入をした新アイテムが全て掲載されます。
今回のツアーで感じたことは、ヨーロッパでかなり、壁掛け・ハンギングが流行っていること。
今のトレンドになっていますね。日本でも流行しつつあります。
アッシュグレイでも、結構壁掛け・ハンギングアイテムを増やしました。
また、トレンドカラーはパステル系のはでな原色。これは難しい、、、。
ちょっと日本では受け入れられないだろうなぁ。
多少の色ものは購入していますが、基本はアッシュグレイらしいダークな色合いです。

次回のオランダ・ベルギーツアーは、2015年1月を予定しています。
1月は、展示会と各メーカーのショールーム巡りです。
日程としては、7泊9日を予定しております。
詳細な日にちが決まりましたら、WEB・FB等でお知らせをさせていただきます。

料金的には、7泊9日で、エアー代、ホテル代、食事代等、全て込みで、
約30万円~45万円くらいです。
(行く時期や、エアー代・サーチャージによって金額が変わります。)
詳細につきましては、会社の方にお問い合わせください。

それでは、皆様の次回のツアーの参加をお待ちしております。

IWAMURA

オランダ・ベルギー仕入れツアー⑤

Posted by admin On 7月 - 19 - 2014

オランダ・ベルギー仕入れツアー5日目です。
この日も。ドイツ国境付近までの遠出です。




本日1社目。
樽とアンティークの会社。もちろん、樽は買いませんが。
(樽のリクエストはやまてくださいね(笑))





この会社は、樽の製造販売では、ヨーロッパシェアNo.1の会社。
オランダ国王からも表彰をされている会社です。
親切に、樽の製造方法を見せて頂きました。
お客さまも、食い入るようにご覧になっています。



今まで、取引はありましたが、会社へは初訪問。想像以上に広大な会社でびっくり!
アンティークも山のようにあり、かなり手ごわい。これは全部見る時間はないなぁ。

「車で5分くらいのところに別の倉庫があって、アンティークがありから見に行こうと」、担当者。
30分くらい車を走らせ、その倉庫に到着。(笑)
すでにお昼を過ぎているので、ランチに。



お客様共々、ランチを御馳走になりました。ありがとうございました。



食後、さっそくお目当ての倉庫へ。


1951年製の古い建物。文化財にも指定されていて、よく映画の撮影に使われるようです。
メチャかっこいい倉庫です。



ご案内をありがとうございました。
こちらでも、たっぷりのアンティークを仕入れ。


本日2社目。「DUTZ」社へ。


「DUTZ」の社長と記念撮影。






「DUTZ」でも、新アイテムをたっぷりと購入しました。
最近、高級感があり、価格も少し高めのDUTZ社のアイテムがよく売れます。
今回、かなりアイテムを増やしますよ。

と、本当はもう1社行く予定でしたが、ここで時間切れ。1社目でかなり時間を使ったので、タイムアウトです。
ということで、予定の会社を明日にまわし、ツアー6日目に続きます。

IWAMURA

オランダ・ベルギー仕入れツアー④

Posted by admin On 7月 - 19 - 2014


この日は4日目。ドイツ国境付近まで、ちょっと遠出をします。





オランダの田舎道は、ものすごくのどかです。
車を走らせると、すごく気持ちがいい! 
なんか、時間がゆっくりと流れています。


まずは本日の1社目。


陶器と造花の会社です。


新アイテムの陶器と造花を、ここでも大量仕入れ。


この日は、かなりの遠出のため、すでにもうお昼過ぎ。
この会社で、デリバリーハンバーガーのランチをいただきました。


食事を終え、2社目に向かう途中。
国境線の道路を走行。右側がオランダで、左側がドイツです。
左側に、お花屋さんを発見!


お店には「BLUMEN」。左側のドイツのお店なので、ドイツ語でお花屋さんの看板です。


向かえがオランダなので、お店には、ドイツ語とオランダ語が併記されています。
お店の方にお話をし、少し店内を見させていただきました。






このブーケで1000円くらい。本当に安いなぁ。



ちょっとの寄り道を終え、2社目のガラスメーカーへ。



ここでも、ガラスの新アイテムを大量購入。
(ここらで、すでにかなりの仕入れ額。資金繰りは大丈夫なのか? 少し冷や汗が出出す(笑))


本日3社目の「ESSCHERT DESIGN」社へ。





相変わらず、かわいいガーデニング関係のアイテムが山盛りです。

今日はかなりの遠出の為、ここでタイムアウト。時間は17:00。すでにESSCHERT DESIGN社の社員は全員退社。
担当者が一人だけ残っています。さすが、世界で一番労働時間の短い国!
担当者と一緒にESSCHERT DESIGN社を後にします。
こういうパターンは結構多い(笑)


長時間、高速を走らせデンハーグに戻ります。
今夜は、オランダ在住のフィラワーデザイナー、中山仁氏の誕生日。
日本食レストランでお祝いです。
長年通っている、日本食レストラン。オーナーは中国人ですが、料理人は、もとアムステルダムのオークラホテルの
日本人の料理人。本当に美味しい日本の味のレストランです。




お客さまとともに、中山氏のお祝いです。
しゃぶしゃぶや、お寿司をいただきます。「HAPPY BIRTHDAY!」

オランダでは、誕生日の人が、まわりの人にごちそうを振る舞うという習慣だそうです。
ということで、お客様ともども御馳走になりました。
ありがとうございました。
楽しいオランダの夜をすごせました。

IWAMURA

オランダ・ベルギー仕入れツアー③

Posted by admin On 7月 - 18 - 2014

この日も怒濤の仕入れが始まります。



まずは1社め。
クリスマス関連の会社です。

結構価格が安いみたいで、お客さまも大量購入。
アッシュグレイとしても、日本で流通していないタイプの松かさ関係のアイテムを大量購入です。


続きましては、アンティークのウッドボックスの仕入れを。
本当に最近はアンティークのウッドボックスが見つかりません。
いずれは無くなるのだろうけれども、、、、。そろそろ限界に来ている感がありますね。
とりあえず、有るものを40Fコンテナ2本分ほど購入。但し、ポテトボックスやキャベッジボックスはありません、、、、。
残念ですが、、、、。


しかし、こんなアンティークのBOXを発見!
ドイツ製のブラシを入れていた箱です。超レアです。限定入荷いたしますよ。

続けて3社め。


ラッピングメーカーでちょこっと、新アイテムを仕入れ。


4社めの「PTMD」社へ。


時間はすでに2時前。PTMD社で遅めのランチをいただきます。





PTMD社のショールームはかなり大きく、10部屋くらいに分かれているため、かなりの時間を要します。
しかし、相変わらずカかっこいいショールームです。デザインが上手いな!


PTMD社を後にし、本日5社め。
アンティークの卸会社へ。



お客さまも、私も、アンティークの大量購入。
ナチュラル系のショップが増えているせいか、最近本当にアンティークが良く売れます!
やっぱりアメリカンより、ヨーロッパ系アンティークが人気ですね。


アールスメール花市場へ。



6社めのラッピングメーカー。


7社め。


怒濤の8社目。時間はすでに夜の9時。

さすがにこの日はくたくたでした。

夜遅く、ホテルに戻ると、、、、、、

日本対コロンビア戦の終わりかけ、、、、、。
あ~、、、、。更に疲労が、、、、、。

IWAMURA

オランダ・ベルギー仕入れツアー②

Posted by admin On 7月 - 15 - 2014

オランダ・ベルギー仕入れツアー2日目。
この日から怒濤の仕入れが始まります。


が、朝一で車のトラブル。バッテリーあがり。
日本でいうとJAFみたいな感じの会社を呼び、その場で修理。
オランダらしい。道路のど真ん中で修理中なので、通り抜けできない車が後ろで待っています。

まあ、この程度だと海外ではトラブルというほどのものでもないですね。



わんちゃんや、自転車を見て待ちましょう。


車が直り、まずは1社め。







資材・インテリア関係の会社では、オランダで一番大きい会社ではないでしょうか。
ショールームは迷子になるくらい広大です。冗談ではなく本当に。
たしか4~5年前くらいはマクドナルドが経営していましたね。


こんなミニチュアガーデンもかわいいですね。
こちらでは、ガラス花器やらクリスマスアイテムやらを大量購入。


いつもこの会社で頂く美味しいランチ。
もちろん沢山買わないと、頂けないですよ(笑)
ここのスープがいつも絶品なんです。何度かツアーに参加されている
お客様はご存じなので、いつも楽しみにされています。
私は今回、生ハムメロンを大量にいただきました。



本日2社め。
ガラスと陶器の会社です。


14時頃この会社に到着をしたのですが、16時には帰るのでそれまでに仕事を終わらせてくれと、担当者。
この日は、サッカーワールドカップのオランダ対コスタリカ戦。平日ですが、ほとんどの会社が15時頃で終了との事。
キックオフは18時からですが、社員全員オレンジのユニフォームを来て帰る気満々(笑)


リクエスト通り、16時に注文を終え、(またまたガラスと陶器を大量発注!)


と、この日はもう仕事にならないので、帰宅ラッシュの大渋滞の高速を走り、デンハーグを戻ります。

夕食まで、少し時間があるため、ホテル近くの公園へ。

この公園、住宅街のど真ん中にあり、まわりは全部住宅に囲まれた不不思議な空間。
以前は、汚く荒れていて、不良の溜まり場だったそうです。ヤクの売買なんかも行われていて、ちょっとヤバイところでした。




が、地元の有志や、小・中・高校生たちが、ボランティアでお金をかけず、自分たちで一から公園を造りなおし、








今では、風と時間がゆっくりと流れる、地元住民の憩いの場に。
本当に素敵なストーリーです。メディアに取り上げられ、オランダ全土から多くの方が視察に訪れるそうです。


さあ、夕食の時間です。今夜はステーキを頂きながらオランダ戦。



お客さまとともに、オレンジを身にまとい、見ず知らずのオランダ人とともに、オランダチームの大声援!
見事オランダの勝利で店中大盛り上がり!
ワールドカップ期間中の貴重な体験でした。

さあ、明日も仕入れをがんばろう!

IWAMURA

オランダ・ベルギー仕入れツアー①

Posted by admin On 7月 - 14 - 2014

恒例のオランダ・ベルギー仕入れツアーに行ってきました。
今回で16回目となります。

今回は茨城県のお花屋さんが参加をされました。
以前にも参加を頂いたお客様です。

茨城県と言う事で、成田からのフライト。
私は関空からなので、スキポールで合流です。
KLMだと、どちらからも直行便でほぼ同時刻に到着なので、非常に便利です。




アムステルダム上空です。


今回はお客様のご希望で、ホテルまで電車で移動をすることに。
20年ほどオランダに通っていますが、電車での移動はこれが初めて。(いつも車での移動なので)
こちらはオランダの券売機。他のヨーロッパの国の券売機に比べると、非常に簡単で英語表記にもなります。
が、結局この券売機では購入できませんでした。それは紙幣が使えずコインのみだったのです。
そんなにコインを持っておらず、結局窓口で購入。



スキポールよりお客さまとともにデンハーグまで電車で移動。

デンハーグ市内のいつものホテルにチェックイン。


今夜はホテル近くのこのレストランで食事です。


まずはビールで乾杯!
(明るいですが、夜です。オランダはこの時期、22時ごろまで明るいのです。)



このツアーの楽しみのひとつ、美味しい食事を頂きます。
さあ、明日からがんばって仕入れにまわりますよ。

IWAMURA

インド紀行

Posted by admin On 2月 - 24 - 2014

10年ぶり? くらいにこの国に行ってきました。
あまり積極的に行きたい国ではないのですが、新しいアイテムを求めて行ってまいりました。



やはり、インドといえばカレーですね。地ビールと一緒に。 ナンが絶品です。


一通りの仕事を終え、帰国の日、深夜便のためそれまでの時間をデリー市内で時間潰し。

世界遺産「Qutub Minar Delhi」

世界遺産「humayun’s Tomb」

世界遺産「Agra Fort」

全てデリー市内の世界遺産です。

リスやノラ犬君たちも、世界遺産の中にたくさんいっらいしゃいました。


途中、シーク教徒のタクシーがパンクをし、


それをなぜだか、仁王立ちで待ち、


インディアンゲートを見て帰国をしました。

帰国後、高熱と下痢に見舞われ、2日間寝込むというはめに。
やはりこの国は手ごわいな。

IWAMURA

ドイツ紀行

Posted by admin On 2月 - 18 - 2013

先月のオランダ・ベルギーに続き、今月はドイツに行ってまいりました。


関空からルフトハンザでドイツのフランクフルト空港へ。
以前、フランクフトへはオランダより車でアウトバーンを走り約7時間・・・・。
120kmのスピードで走っていると、後ろからパッシングの嵐!とろとろ走るなというところ。
これに懲りた私は、やっぱり飛行機で直行便です。


空港からSバーンに乗り、フランクフルト中央駅へ。


切符は自動販売機でしか売っていなく、買い方が難しい。行き先の駅番号を押すと金額が表示されます。


フフランクフルト中央駅に到着。まさにヨーロッパの駅という感じ。


フランクフルトの街中を散策。


お花屋さんを3軒ほど見学。
どこもお客さんがいっぱい。店の外まで大行列。????
ドイツの花屋さんはすごいな~と思ったら、そうかこの日は14日。バレンタインデー!
ヨーロッパのバレンタインデーは男性が女性に花を贈る習慣。稼ぎ時ですね。

夕食時間、適当にレストランに入るとどこも満席。空いている席も予約済み。
そうか、バレンタインデー!
カップルが予約を入れていて、どこも満席。

なんとかノンリザーブで入れてもらえる店を見つけようやくディナー。
イタリアレストランでボリューム満点のステーキとシーザーサラダを頂きました。


今回宿泊したホテルクリスタル。
日本でいうと4000円クラスのビジネスホテルな感じかな・・・。
展示会期間中は1泊25000円くらい・・・・。
予約が取れただけましで、展示会期間中はどこも満室。ホテル探しが難しい。


翌朝は雪。


ホテルから徒歩10分くらい、いざ展示会場へ


カエルやら


ガラスやら


Dutzやら、汗だくになりながら仕入れてまわります。


会場の中のカフェバーで一息。


ランチタイム。


この日のディナーはドイツビールに回転ずし。
レーンは回らず、お皿だけが回っていました。


なが~い車・・・・・。

こんな感じで3日間、ドイツでの仕入れを終え、帰国の途へ。

さあ、日本へ出発。
仕事が待っているよ。

IWAMURA

2013年度オランダツアー⑧

Posted by admin On 1月 - 15 - 2013

オランダ・ベルギーツアー、最終日です。
あっという間のオランダツアーでした。お客様より帰りたくないコールを頂きました。(笑)
2時30分のフライトで少し時間があるため、朝からトラムに乗って中心街に行き、オランダの国会議事堂へ見学に。
ホテルのすぐ近くにトラムの駅があります。だいたい10分おきくらいでくるので、すぐに乗れます。
今回もお客様とトラムを待っていると、30分近く待っても来ない・・・。
おかしいなあと思いながらどうしようか考えていると、通りすがりのオランダ人の兄ちゃんが、ノー!ノー!と大声でジェスチャー。トラムが走っていないという事だとすぐに分かりました。なんでだろう?まあ、トラムがだめなので徒歩で行くことに。(後で確認したら、工事の為運休していたそうです。看板がたてかけてありましたが、オランダ語のため分かりませんでした。)


約20分あるいて、オランダの国会議事堂に到着。記念撮影。

撮影後すぐにホテルの戻り、チェックアウトをしてからお花屋さん巡りに。

1件目

2件目

3件目

4件目

全てのお店で写真撮影を許可して頂き、お邪魔させて頂きました。
同行のお客様も大喜びでした。
これで、今回のオランダ・ベルギーツアーは終了です。
あとはスキポール空港に行き、飛行機に乗るだけ。


空港で、オランダ名物のパンネクックを焼いてもらい、

美味しくいただきました。

参加を頂きましたお客様、大変お疲れさまでした。
今回の経験が今後のお店の展開にお役にたてればありがたいです。

次回のツアーは、8月を予定しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げています。

さあ、帰国をしたらすぐに大原ビックフェスティバル。
休みなしでがんばります。

Sponsors

About Me

There is something about me..

Twitter

    Photos

    Activate the Flickrss plugin to see the image thumbnails!